×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

稲の刈り取り

先日、ウブドに向かっている途中、

稲の刈り取り、脱穀をしている

風景に出会いました。


バリ島 くらげのjalan-jalan-稲刈り風景

バリでは当たり前の風景ですが、

全部、手作業なんですよね。

機械を使っているのは、

ほとんど見たことありません。

耕す時の、牛くらいかな。

畑も広いので、大変そう・・・。


バリでは、お米は三毛作で作ります。

トラディショナル米は二毛作だとか。

同じライステラスの中に、

まだまだ青い稲、耕してる田んぼ、

刈り取り前の茶色い稲などが

混在しています。


なんでも、バリ島内のお米の自給率は

120%だとか!

(お客さんから聞きました)


安いお米だと5Kgで¥200強です。

精製技術が、なにぶん手作業なもので、

たま〜に小石が混じってますが。。。


トランベン方面に向かう途中の

ティルタガンガの棚田、

ムンジャンガンに向かう途中の

タバナンの棚田など、

バリ島は田んぼがいっぱいです。


そんな景色にも目を向けると、

バリ島が、また違って見えてくるかも?!



                                     <バリ島事情メニューに戻る
                <バリ島観光情報『バリ島じゃらんじゃらん』 TOPページに戻る