×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

オダラン(odalan)にはつきもの

昨日、一昨日と近所のお寺のオダランがありました。

オダランとは、寺院の建立を記念する祭礼のことで、
ウク暦あるいはサコ暦の1年周期で行われる寺院の
誕生日の祝いのことです。

その時は、村中(だけかな?)から、正装をした人々が
お供えを持ってお寺にお参りに来ます。
お寺の中では、バリニーズダンスが行われていました。
日中だけなのかと思ってましたが、夜でもまだ賑わってました。

私が気になったのは、その寺院周辺に出ている露店の数々。↓

バリ島 くらげのjalan-jalan-露店
単に、飲み物やお菓子を売る露店、サテ(鳥の串焼き)をうるお店、
SOSISとってソーセージを揚げて売る露店などなど。

その中でこんなお店も見つけました。↓

バリ島 くらげのjalan-jalan-パン屋
日本でもある移動パン屋さん。日本では車ですが、こっちでは、
バイクの移動パン屋さんもあります。
惣菜パンから、菓子パンと割りと種類があるようです。
買ったことはないので値段は分かりませんが。

そして、移動式おもちゃ屋さん。↓

バリ島 くらげのjalan-jalan-おもちゃ屋
この高く積まれたものがおもちゃです。
大量のおもちゃを揺らしながら、このままの状態でやって
来るんですよ。
すごいバランス感覚ですよね!

さすが、バイク文化。(*^_^*)



                                     <バリ島事情メニューに戻る
                <バリ島観光情報『バリ島じゃらんじゃらん』 TOPページに戻る