×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

メチル酒で16人が中毒

日本人にも人気の高いインドネシアのリゾート地バリ島で、
先週末から有毒な
メチルアルコール を混ぜた酒による中毒死が

多発し、地元病院の医師によると、28日までに16人が死亡した。
 

同医師によれば、犠牲者はバリ島内の異なる地域から搬送されてきた。
現在も8人が入院している。
死者は18歳から39歳までで、うち14人が男性だった。 
【Yahooニュース様より】


ちょうど先日、こんなニュースが入ってくる前にバリ人の知人が
我が家にやって来て、お酒好きの私達に忠告してくれてたんです。
「悪いお酒が出されてるから注意してね!」って。
これのことだったんですね。

観光地のレストランなどは大丈夫だと思いますが、

地元の人たちが飲むようなワルンなどで、このような悪いお酒が

出されているのでしょう。


見分け方をその知人が教えてくれました。

お酒に火をつけて、しばらく燃えればいいお酒。

すぐに消えるのは悪いお酒。

確か、そう言ってたと思います。

あれ?逆だったかな〜?(^_^;)



                                     <バリ島事情メニューに戻る
                <バリ島観光情報『バリ島じゃらんじゃらん』 TOPページに戻る