×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カチャンルブス(茹でピーナッツ)

バリ島 くらげのjalan-jalan-カチャン1


バリ島 くらげのjalan-jalan-カチャン2

このピーナツ、一見すると普通の落花生のように見えますが、

これはピーナツを茹でたものなんです。


ピーナツの好きな私。

昨日、バリ・ヒンドゥー寺院に立ち寄った時、出店でカチャン・

ルブスを発見。

無性に食べたい衝動に駆られ、おばちゃんにいくら?と尋ねると

何と!一袋RP1000だという。

これは安い!思わず二袋購入。


日本のピーナツは中のお豆さんは二粒ですが、こちらは子沢山。

3つ、4つ入ってるんです。日本のとは種類が違うのでしょう。

味も日本のより油分が少ない気がします。

シンプルな味がまた、止め処なく口にお豆を運ばせます。


知り合いのドライバーさん、一緒に車に乗っていたとき、

眠そうだったからキャンディーを勧めたら、

「後で、カチャン・ルブスを買うから大丈夫!」と。

道中の寺院でお祈りを済ませ、車に戻る彼の手にはカチャンルブス

の袋が一つ。

その後、運転しながら起用に皮をむき、むしゃむしゃとず〜っと

食べてました。

そんな彼の運転席の足元はカチャンの皮だらけ。(^_^;)


カチャン・ルブス、観光地で見かけたら是非お試し下さい。

美味しいですよ!



                            <インドネシア“飲食”の探求メニューに戻る
                <バリ島観光情報『バリ島じゃらんじゃらん』 TOPページに戻る