×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

水中生物の宝庫、バリ島! マンタ編

ダイバーなら一度は見てみたいと熱望する

オニイトマキエイ、
通称「マンタ(英名:Mant Ray)」。



バリ島 くらげのjalan-jalan-マンタレイ


バリ島からは隣のヌサペニダ島南部に

マンタポイントがあります。

バリ島からの道中は波が高いことが多く

船はよく揺れるし、マンタポイント自体も、

うねりが強く、透明度も落ちる為、

決して楽々なポイントではないのですが、

高確率でマンタが見られることで有名で、
毎日多くのダイバーが

このマンタポイントを訪れています。

時にはダイバーの吐く泡で

折角のマンタが見れないことも。



マンタは世界最大のエイで、

大きいものでは横幅8m、体重3tにもなる

ものもいるそうです。

マンタは基本的には背中が黒色、

お腹が白色ですが、

ごく稀に全身が黒色のものがいて、

ダイバーの間では「ブラックマンタ」と呼ばれ、

珍しい固体として人気があります。

バリ島では、

「ブラックマンタは神様の乗り物」

と言われているほど、高貴な存在のようです。


そのブラックマンタにも

割といい確率で見れるのが

ヌサペニダ島のマンタポイントなんですね。

でも、透明度が悪いと、

どのマンタも「ブラックマンタ」に見えます。。。



最近、マンタの新種が発見されたそうです。
ダイバーがよく目にするマンタは、

小さい種でサンゴ礁など海の特定の場所で

1年中過ごしているそうですが、

今回発表された種は、より大きく、

移動性が高く、世界中の海を泳ぎ回っていて、

色や質感などにも違いがあるようです。


その大きい種のマンタを

インドネシアの漁民はよく捕獲しているとか。


バリ島近海でも、

いつか偶然にも大きい種に

出会えるかもしれませんね。


大物とは、狙うより、

偶然の「出遭い」が運命的で好きだな〜。

 情報提供:バリ島ダイビングサービス jellyfish divers village
        バリ島シュノーケリングガイドサービス Jack Knife BALI


                                  <バリ島ダイビングメニューに戻る
                <バリ島観光情報『バリ島じゃらんじゃらん』 TOPページに戻る