×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

魚が群れを作る理由

単体では弱い魚は、同じ魚同士で群れを作ります。
そうすることで、自らを大きく見せ、
外敵から身を守ると言われています。
いわゆる一つの“スイミー”のお話ですね。


もちろんこれも理由の一つと考えられていますが、
他にも、こんな説があります。


・回遊性や移動範囲の広い魚の場合、
 個々バラバラの状態では、広大な海では
 生殖のためのめぐり合いも難しくなってしまう。


・他者が食われているうちに自分が逃げられる
 可能性があるため。


・群は、単体よりも移動速度が速い。
 (一匹では水流の流れを全面的に受け止める
  必要があるが、群では群全体で水流を受け止め、
  大きい流れを生み出す。)


・群れることで外敵圧力に対するストレスが弱まり、
 免疫細胞が活性化すること。


・群れることでウィルスや病原菌が群全体に繁殖する。
 これは適応上不利だと感じるが、
 早期に多様なウィルスに感染することは、
 それだけ抗体製作も早くなり、
 群全体では適応力が上昇する。


どれが正しい説か、まだ解明されていません。


バリ島で“群れ”と聞くと、
やはりトランベンのギンガメアジの群れですね。
是非、今度、じっくり観察しに行きましょう!


 情報提供:バリ島ダイビングサービス jellyfish divers village
        バリ島シュノーケリングガイドサービス Jack Knife BALI


                                  <バリ島ダイビングメニューに戻る
                <バリ島観光情報『バリ島じゃらんじゃらん』 TOPページに戻る