×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

領事館からのお知らせ 7/18@

【総領事館からのお知らせ:インドネシアに対する渡航情報(スポット情報)】

平成21年7月17日(総09第46号)
在デンパサール日本国総領事館

本17日午前、ジャカルタで発生しましたリッツ・カールトン・ホテル及びJWマ
リオット・ホテル
での爆発事件を受け、同日付で外務省よりインドネシアに対する渡航情報(スポッ
ト情報)が以下の
通り発出されましたので、在留邦人の皆様にもお知らせ致します。

〜渡航情報(スポット情報)〜
インドネシア:首都ジャカルタにおけるテロ事件の発生に伴う注意喚起

1.報道等によると、7月17日朝、インドネシアの首都ジャカルタ・メガクニン
ガン区に所在する
外資系ホテル2カ所において爆弾が爆発し、外国人を含む9名が死亡し、50名以
上が負傷する事件
が発生しました。事件の背後関係等については現地警察が調査中です。

2.つきましては、インドネシアに渡航・滞在される方は、テロ等の不測の事態に
巻き込まれること
のないよう、最新の治安情勢の入手に努めてください。特に多くの人が集まる
ショッピングモール、
外資系ホテル及び宗教施設等には、可能な限り近づかないよう十分御注意くださ
い。また、テロ事件
が発生した場合の対応策を再点検し、状況に応じて適切な安全対策を講じられるよ
う心掛けてください。

3.なお、爆弾事件に関しては、以下も併せて御参照ください。
(パンフレットは、 http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載)
(1)2009年6月1日付け広域情報「爆弾テロ事件に関する注意喚起」
(2)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(3)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」

※ 本情報は、海外に渡航・滞在される方が自分自身の判断で安全を確保するための
参考情報です。
本情報が発出されていないからといって、安全が保証されているものではありませ
ん。
※ 本情報は、法令上の強制力をもって、個人の渡航や旅行会社による主催旅行を禁
止したり、退避を命令するものではありません。
※ 海外では「自分の身は自分で守る」との心構えをもって、渡航・滞在の目的に合
わせた情報収集や安全対策に努めてください。

(問い合わせ先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ、誘拐に関する問い合わせ)
 電話:(代表)03-3580-3311(内線)3678
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ、誘拐に関する問い合わせを除く)
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)5139
○外務省海外安全相談センター(国別安全情報等)
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2903
○外務省海外安全ホームページ:http://www.mofa.go.jp/anzen/
http://www.mofa.go.jp/anzen/i(携帯用)
以上



                                <バリ日本領事館よりメニューに戻る
                <バリ島観光情報『バリ島じゃらんじゃらん』 TOPページに戻る